本プロマネブログが応援する人たちはこれだ

2017年11月25日

本ブログを書いていくにあたり、管理人が想定する対象の方々がいます。管理人もたどった道でもあるのですが、心当たりがある方はぜひとも読者になってみてください。本プロマネブログが応援する人たちです。

本プロマネブログが応援する人たち

”なんちゃってプロマネ”の方々

一つ目は、”なんちゃってプロマネ”の方々が対象です。”なんちゃってプロマネ”と勝手に命名していますが、こんな感じの人が該当するのではないでしょうか。

  • プロマネしろと言われて、渋々こなしている。
  • 歳を食ってきたので、なんとなく立場がプロマネっぽい。
  • 手を動かしているより、打ち合わせや調整ごとが多くなったが、すごく嫌だ。

また、こんな感じを抱いている人たちも同じですね。

  • 社内進捗会議で、上司がいろいろ指摘してくるが、何言っているかよくわからない。
  • ”プロジェクトの成功とは何か”が、”わからないまま”プロマネしている。
  • ”ステークフォルダ”の言葉の意味が”よくわからない”。

要は、プロマネやっているけど細かいことがわかっていない人たち、と定義しましょう。

これからプロマネを担当していくであろう、若手SE

二つ目は、これからプロマネを担当していくであろう、若手SEの方達です。

今は、SE業務が忙しいことと思います。それでも、プロマネスキルを早いうちから身につけることは大変メリットがあることです。管理人の苦い経験から断言できます。

なぜ対象とするのか

サブテーマでも書きましたが、一つ目の人たち(自分も含めて)がプロマネしていると、かなりの確率で不幸が訪れます。代表的な不幸な事象は次の通りでしょうか。

  • 終わりが見えない状態になってしまう。(理由は多々あります)
  • 採算が取れないプロジェクトになってしまう。(これも理由は多々あります)
  • 病人が続出する状況になってしまう。(目も当てられません・・)

俗にいう、”失敗プロジェクト”です。

このような状態になると、目も当てられない状態になるのは至極当然。不幸な人たちが続出します。これは自社・協力会社のみならず、お客様にも大変迷惑をかける状態になっています。

今もどこかのプロジェクトではこのような状況になって、必死になって改善努力を続けている人たちがいることでしょう。

そういう管理人も、同じ体験を数多くしてしまっていました。

このような状態になっては、いくら頑張っても頑張っても評価は上がることはありません。身から出たサビです。なんとか正常化に戻しても(ほとんど戻ることはありませんが)評価は最低です。

当然です。他の人たちを不幸にしてきたから、会社に損害を与えたからです。お客様の信用を失っているからです。
 
このような状況に陥らない方法はあるのでしょうか。即効性がある方法・対処法があれば誰も苦労しません。管理人は経験から、”即効性がある対策はない”と断言しましょう。

このブログの意義

だからと言って諦めてはいけません。

あなたの双肩にメンバー・お客様の運命・社運(大げさですかね)がかかっているのだと思ってください。

また、あなたの人生もかかっているかもしれません。社内での評価を上げるためにも、転職してキャリアアップを図るためにも、失敗はしないに越したことはありません。

そのためにも、底力をつけましょう。管理人も、このブログを通じて、その手助けをしていきます。知識という武器を身につけ、その知識を実務に生かしていきましょう。

更新履歴

2017年10月1日

  • タイトルを変更しました。
    • 旧タイトル:対象とする読者
    • 新タイトル:本プロマネブログが応援する人たちはこれだ
  • 段落構成を修正しました。
  • 記事内容を一部修正しました。