PMP試験支払い-09:注文の確認

2017年12月16日

PMP試験の支払い方法について書いていきます。今回は「Order Confirmation(注文の確認)」画面を説明します。

なお、本記事は、「2017年10月」時点のウェブサイトを基準にしています。内容が変更になる場合がありますのが、その際はご容赦ください。

Order Confirmation(注文の確認)

注文内容を確認します。

前回、「Review Order(注文のレビュー)」画面で、「Complete Purchase」をクリックしました。

このような画面です。

注文の確認01

前回の画面イメージと中段の受験料が違いますがご容赦ください。この画面はPMI会員になったあとの支払い画面です。前回は、PMI非会員の時の金額です。

さて、「Complete Purchase」をクリックしたあと、「Order Confirmation(注文の確認)」画面に遷移します。

注文の確認02

支払いが完了したことを示しています。

そして、次にどこへ行くかを尋ねています。

  • View / Print Certification Receipt :認証領収書の表示/印刷
  • View Certification Order History :認証オーダー履歴を見る
  • View Membership Order History :メンバーシップの注文履歴を見る
  • Return to Overview :概要に戻る

必要に応じて各リンク先を参照してください。

ここでは、「Return to Overview」リンクをクリックします。

Overview(概要)

概要画面に戻ります。次のような画面になりました。

注文の確認03

いくつかの項目について説明します。

Eligibility(適格性)

PMI Eligibility ID

重要なコードです。(画面イメージでは、塗りつぶしています)

試験予約をする際に必要となるコードです。意識しておいてください。

PMP試験会場予約画面で入力しますので、画面を印刷するなどして保存しておいてください。

Expiration Date

有効期限です。支払い完了後、約1年間です。この期限内に試験予約をしなければなりません。

Exam(試験)

Schedule Exam

試験予約先へ遷移するリンクです。ここは別記事で書きます。

Credential

資格情報です。今回は「PMP」試験となっているはずです。

Name on ID

申込者の名前が英字で表示されています。間違えがないか確認してください。

Mode of Delivery

直訳すると「納品形態」なのですが、ここでは、支配情報で選択した「Center-Based Testing」(CBT)が表示されています。

Vendor

試験を実施するベンダーです。日本では「Prometric」社が表示されています。変更できません。

Language Aid

ここも支払情報登録時に選択した言語補助が表示されています。「Japanese」であることを確認ください。

試験予約へ進む

概要画面から、試験予約画面に遷移します。「Schedule Exam」リンクをクリックしてください。

注文の確認04

試験予約画面に遷移します。

まとめ

PMP試験の支払い方法は、これで終了です。お疲れさまでした。

この後は、試験の予約をしていきます。これは別記事にて書いていきます。