PMP試験申し込み-07:要件概要

2017年12月16日

PMP試験の申し込みについて書いていきます。前回は「最終学歴」の登録について説明をしました。

今回は「要件概要」について説明していきます。

なお、本記事は、「2017年10月」時点のウェブサイトを基準にしています。内容が変更になる場合がありますのが、その際はご容赦ください。

今回の説明範囲

今回説明する範囲は、次の赤太線で囲まれた部分です。「要件概要」について説明していきます。

要件(概要)01

前回の続き

前回は、「最終学歴」の登録を行い、「Save and Continue」ボタンをクリックしたところで終了しました。

学歴登録03

「Requirements」画面に遷移します。

「要件概要」について

1.「Requirements Overview」画面に遷移

「Requirements」セクションは、さらに詳細化されています。

最初は「Requirements Overview」です。縦に長い画面なので、スクロールして確認します。

要件(概要)02

要件(概要)03

これから入力する内容について記載されています。概要は以下の通りです。

  • プロジェクトマネジメント業務の経験
  • 業務経験のレベル
    • 4年生大学卒業者の場合
    • 高校卒業者の場合
  • プロジェクトマネジメント教育

プロジェクトマネジメント業務の経験

  • プロジェクトマネジメント業務の指揮または監督の経験が必要

あくまでも、プロジェクトマネジメント業務の「指揮または監督」です。プロジェクトメンバーではNGということです。経験者しかダメということでしょうか。

業務経験のレベル

以下、必要な期間と累積時間を記載します。結構ハードルが高いことがわかります。管理人は大学中退なので、「高校卒業者」のカテゴリーです。

4年生大学卒業者の場合
  • 過去8年以内に、最低3年間(36カ月)重複しない期間で、4500時間のプロジェクトマネジメントの指揮・監督の経験があること
高校卒業者の場合
  • 過去8年以内に、最低5年間(60カ月)重複しない期間で、7500時間のプロジェクトマネジメントの指揮・監督の経験があること

プロジェクトマネジメント教育

  • 35時間のプロジェクトマネジメント教育を受けていること。
  • 受講証明が必要であること。

要は、PMI認定教育期間での35時間研修を受けているか、それを証明できるものはあるか、ということです。

内容を確認したあと

内容を確認したあとは、画面下段の「Save and Continue」ボタンをクリックしてください。「Eligibility Worksheet」画面に遷移します。

まとめ

「Eligibility Worksheet」画面については、次回説明します。