IPAプロジェクトマネージャ試験対策:参考書・アプリ

2019年9月18日

情報処理技術者プロジェクトマネージャ試験対策に関して、学習を進めていく上での補足事項について書いていきます。今回は”管理人が使用した参考書・スマホアプリなど”について説明します。

情報処理技術者プロジェクトマネージャ試験に関する、参考書やスマホアプリは数多く存在します。管理人もすべてに目を通したわけではなく、また比較したわけではありませんが、合格に役に立った(貢献した)ものを書いていきます。

個人的な主観が強いと思いますので、あくまでも参考程度にしておいてください。また、教材編でも書きましたが、必ず自分の手にとってから購入してください。

管理人が使用した参考書・スマホアプリなど

教材編にて、いろいろと書いてきてみたのですが、抽象的な書き方になってしまい、わかりにくい点も多々あったかと思います。そこで、管理人が実際に使用して効果があった参考書やアプリなどを列挙していきたいと思います。

いずれも、2017年春試験(2017年4月実施)対策用です。2018年春試験(2018年4月実施)対策用は別名になっている可能性が高いので注意してください。

また、スマホアプリは、当時使用していた端末がAndroidなので、Android版を紹介しています。ご容赦ください。

次の参考書とスマホアプリを活用しました。一覧化しておきます。詳細を確認したい方は次章以降を参照してください。

午前試験対策に使用した教材

参考書

  • 情報処理教科書 高度試験午前1・2 2017年版 [電子書籍版]

アプリ

  • 【H29年秋対応】 基本情報技術者試験 午前問題集
  • プロジェクトマネージャ試験(PM) 午前問題

午後試験対策に使用した教材

参考書

  • 情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2017年版 [電子書籍版]
  • プロジェクトマネージャ誰も教えてくれなかった情報処理午後試験対策(上巻:午後1記述試験対策編)
  • プロジェクトマネージャ誰も教えてくれなかった情報処理午後試験対策(下巻:午後2論述試験対策編)

アプリ

  • なし

午前試験対策用

基本情報技術者試験対策用(午前試験)

管理人は午前Ⅰ試験問題がよくわからない状態だったので、基本情報技術者試験対策(午前)から始めなければなりませんでした。

そこで参考書を買うかどうか迷ったのですが、スマホアプリで乗り越えることにしました。このアプリは解説が詳細に書いてあるためです。

スマホアプリ

【H29年秋対応】 基本情報技術者試験 午前問題集

基本情報技術者試験 午前問題集 カバー

基本情報技術者試験 午前問題集 内容2

基本情報技術者試験 午前問題集 内容1

特徴
  • Android版しか確認していない。
  • 無料版は広告表示、有料版は広告が非表示。
  • アプリ名は2017年9月時点の最新版の名称。
  • 画像は小さくて見づらいかもしれませんが、解説がしっかり書いてあるところを評価。
  • カテゴリー単位での出題、解答結果が履歴で保存されるなど、必要な機能は実装されている。
管理人の利用方法
  • スマホアプリなので通勤時間に利用。
  • プロジェクトマネージャ試験午前問題に出題されるカテゴリーのみ学習。
  • 「問題を解く→解説を読む」を繰り返し。
  • ほとんどのカテゴリーで正解が出せるようになったら終了。(約1カ月ほど要しました)

午前Ⅰ試験・午前Ⅱ試験対策用

基本情報技術者試験用のスマホアプリと使い続けるうちに、ある程度理解できたと感じたので、ようやくプロジェクトマネージャ試験の午前試験対策に移ることにしました。

参考書

プロジェクトマネージャ試験専用の参考書は見つからなかったので、次の参考書を使用することにしました。

情報処理教科書 高度試験午前1・2 2017年版 [電子書籍版]

管理人は2017年度版を購入ししました。(注意)現時点(2019年9月時点)では、2020年度版が最新です。

シリーズ累計180万部超の人気試験対策書!

翔泳社の情報処理教科書シリーズは、受験セミナーの人気講師や第一線で活躍する現役技術者など、各分野のエキスパートが合格に必要な知識について、ポイントを絞って解説しているため、効率よく学習することができます。

知識解説に加えて、過去問題を中心とした問題演習を丁寧な解説とともに掲載しているため、実戦力を効果的に身につけることができます。

【本書の特徴】

・午前1と午前2の両方の対策が行える
・よく出る問題を選んで掲載しているので、無駄なく効率よく学べる
・問題の背景となる知識も解説しているので、類似問題にも対応できる
・高度試験すべてをカバーしているので、他試験から再出題される可能性がある問題をチェックできる
・対応試験とレベルを明示してあるので、自分に必要な問題が一目でわかる
・読みやすく機能的な2色刷
・応用情報技術者の午前対策にも活用できる

特徴
  • 午前Ⅰ試験用(Lv3)の問題と、午後Ⅱ試験用(Lv4)の問題が混在している。(わかりやすくマークされています)
  • 出題頻度が高いと想定される問題を抜粋して掲載されている。
  • 解説は非常に詳しく記載されている。
管理人の利用方法
  • 持ち運びを考え電子書籍版を選択した。
  • 最初はスマホ(iPhone7)での利用を考えたが、固定レイアウトのため、表示される文字が非常に小さくで断念。(教材編でも記載しましたが注意してください)
  • 止むを得ず、タブレット(iPadPro9.7)で持ち運びをすることにした。紙の書籍を持ち歩くよりは若干軽いかと思われる。
  • ”本書の構成と活用方法”を熟読する。
  • プロジェクトマネージャ試験午前問題に出題されるカテゴリーのみ学習。(分野別出題数のページを参照)
  • 「問題を解く→解説を読む」を繰り返す。
  • だいたい2周ほど繰り返した。(約2週間程度)

スマホアプリ

プロジェクトマネージャ試験用と銘打ったスマホアプリは多数存在しました。いろいろ比較したのですが、基本情報技術者向けのような詳細な解説がないものがほとんどでした。

プロジェクトマネージャ試験(PM) 午前問題

プロジェクトマネージャ試験(PM) 午前問題

プロジェクトマネージャ試験(PM) 午前問題内容1

プロジェクトマネージャ試験(PM) 午前問題内容2

特徴
  • Android版しか確認していない。
  • 無料版は広告表示、有料版は存在しない。
  • アプリ名は2017年9月時点の最新版の名称。
  • 残念ながら、正解のみ掲載されており、解説はない。
  • カテゴリー単位での出題、解答結果が履歴で保存されるなど、必要な機能は実装されている。
管理人の利用方法
  • スマホアプリなので通勤時間に利用。
  • 過去問に常に触れていたい(?)と思い利用。
  • 解説がないアプリなので、解説は別途解説PDFを利用した。(後述します)
  • 学習始めは頻繁に利用した。ある程度理解できたあとは、忘却対策として、定期的に試験直前まで継続して使用した。

午後試験対策

午後試験対策用は参考書が中心です。スマホアプリは管理人が受験勉強当時は存在しませんでした。

参考書

情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2017年版 [電子書籍版]

管理人は2017年度版を購入しました。(注意)現時点(2019年9月時点)では、2020年度版が最新です。

本書は、プロジェクトマネージャ試験に合格するための知識とテクニック、学習方法など、さまざまな情報を結集した対策テキストです。

【本書の特徴】

●最新傾向に対応!
毎年ていねいな改訂を行っており、最新試験の傾向にもれなく対応しています。

●必須コンテンツをコンパクトに集約!
ほどよい分量に、基礎知識の解説だけでなく、解答テクニックや学習プランの作成、モチベーションアップのためのコラムなどを凝縮しています。

●実績に裏打ちされた確かな内容!
数多くの合格者を輩出してきた本書の読者による合格体験記を多数掲載しています。読者目線の本書の使い方も紹介しています。

●15年分の過去問題を徹底解説!
書籍に掲載した最新問題(平成27年)に加えて、Webダウンロードで過去問題の解答/解説を提供しています。

特徴
  • 言わずと知れた”みよちゃん本”。いろいろなウェブサイトやブログで紹介されている。
  • 学習の進め方、対策などが詳細に記載されており、本書を読むことで対策は網羅できる。
  • 過去試験の分析も行っており、優先度もつけられているので、過去問を解く際の参考になる。
  • 基礎知識に関する記載も充実しており、本書で午前Ⅱ試験のプロジェクトマネジメント分野の対策もできる。
  • ”重要キーワード28”と、付録の”試験直前チェックリスト”は役に立った。
  • 特筆すべきは、ダウンロードサイトにて、過去問がダウンロードできること。問題用紙だけではなく、解答用紙も含まれる。本当にうれしいのは、詳細な解説も付いていることだ。ダウンロードできるすべての過去問が対象なので、午前問題、午後問題の答えあわせに使える。
管理人の利用方法
  • 実績もあるので、迷わず購入した。
  • まずは、午後試験の概要を知るべく、序章を繰り返し読み込む。
  • 次に、本文を通読する。基礎知識を中心に2周くらいする。
  • 基礎知識がある程度頭に入ったら、各試験の章別の対策について熟読する。
  • 章別の対策をある程度理解したら、各試験の演習をやってみる。(”解法”)マークの仕方などあるので、真似てみる。
  • これを各章行なった。さらに2周くらいしてみた。
プロジェクトマネージャ誰も教えてくれなかった情報処理午後試験対策(上巻:午後1記述試験対策編)

今まで明快な解法がないと言われてきた情報処理技術者試験プロジェクトマネージャの午後1記述試験。本書では長年通信教育の添削で経験を積んだ筆者が、膨大な14年分の過去問を分析して、そのポイントを実戦的な「対策標語集」として纏めています。これで合格を目指して受験準備を進めましょう。尚、この電子書籍は図形や罫線などの視覚的表現が多いため固定レイアウトにしています。

プロジェクトマネージャ誰も教えてくれなかった情報処理午後試験対策(下巻:午後2論述試験対策編)

難関と言われてきた情報処理技術者試験プロジェクトマネージャの午後2論述試験。本書では膨大な過去問を分析し、誰でも合格論文が書けるよう、長年通信教育の添削で経験を積んできた筆者が、実戦的なノウハウを提供いたします。これで苦しんできた論文が書けるようになれます。尚、この電子書籍は図形や罫線などの視覚的表現が多いため固定レイアウトにしています。

管理人おすすめです!

世間では、”みよちゃん本”が話題になっています。確かに良い本であることは確かです。序章や過去問の解説、基礎知識、付録など非常に充実した内容になっています。消化不良を起こすのではないかと思うほどです。管理人の基礎知識も”みよちゃん本”で形成されたと思っています。

しかし、管理人にとって、過去問の”解法”が、しっくりとこない感じがしていました。教材編でも書いたのですが、一度決めた参考書をコロコロ変えるのは望ましくありません。

どうしても他に良いものはないかと、覚悟を決めて探したところ、見つけました。「広田航二先生」の著作です。先生は「ITストラテジスト教本」も書いています。

先生のすごいところは、”解法”が徹底しているところです。

午後Ⅰ試験に関しては、問題文の読み方・マークの仕方、設問の分解の仕方など、機械的に解く方法を解説しています。

さらに、”対策標語”と銘打った数々のキーワード集が秀逸です。試験対策としてはこれ以上のものはないのでは? と思いました。

午後Ⅱ試験に関しても同様で、”論文の骨子”を作るための解説が充実しています。”論文モジュール”も午後Ⅰ試験用の”対策標語”と同じ位置付けです。

その骨子に肉付けしていく方法も詳しく記載されていて、論文試験対策ならば、こちらを読んだ方が管理人にはしっくりきました。

正直なところ、午後試験の”試験対策”は、この2冊を中心に回していきました。とにかく読み込みを続け、サンプルを真似て手書きの練習をしました。

管理人は「2017年度版」を購入しました。最新は「2020年度」版です。(2019年9月時点)

まとめ

管理人が活用してきた、各種教材を書いてきました。いま思うと少し懐かしい気がしてきます。

書いていて思ったのですが、この教材たちを選ぶまではさまざまな葛藤がありました。どれも同じように見えたり、差がわからなかったり、何が自分にあっているのかわかりませんでした。

迷っているうちに時間は過ぎていきます。参考書を選ぶのが試験対策の一つではありますが、迷っているのは時間の無駄です。思い切りが必要な時もあります。管理人も思い切りました。結果、うまくいきました。