IPAプロジェクトマネージャ試験対策:過去問の使い方

2017年12月16日

情報処理技術者プロジェクトマネージャ試験対策に関して、学習を進めていく上での補足事項について書いていきます。いくつかあるのですが、今回は”過去問の使い方”について再度説明します。
 

プロジェクトマネージャ試験過去問の使い方

午前試験対策編、午後試験対策編の中で、”過去問を使う”というキーワードを多数書いてきましたが、具体的な入手方法や活用方法についての記載が足らなかったように思いました。この過去問を上手に利用することが合格への近道になると思いますので書いていきます。

過去問を印刷して活用する

過去問を解く場合、試験用紙PDFはパソコンやスマホなどの画面で見るのではなく、紙に印刷してください。面倒かつ費用がかかってしまいますが、印刷して使うことに意義があります。
 
欲を言えば両面印刷なのですが、管理人は両面印刷できるプリンターを持っていないので、片面でひたすら印刷しまくりました。結構な枚数になってしまいました。過去問を印刷して利用することが実力アップの近道です。理由と入手方法を書いていきますので、ぜひとも参考にしてください。

なぜ過去問を印刷して解くのか

特に午後試験は、問題文に下線を引いたり、文章やキーワードをマークしたり、論文用の骨格メモを書いたりと、本番さながらに用紙に書き込む練習が必要です。その練習のためにも、問題用紙、解答用紙を印刷して解くのです。問題用紙だけでは不足です。解答用紙も印刷しましょう。そこで、午後試験を練習するのです。
 
試験時の用紙とは異なると思います。また、実際の解答用紙はサイズも微妙なので、全く同じものを自分で用意するのは難しいでしょう。しかし、印刷して解いてください。やっておくと本番で違います。ただ、午前試験はマークシート方式なので、管理人も解答用紙は印刷しませんでした。
 
また、午前・午後試験に共通なのですが、試験後に自己採点をするため、問題用紙に解答をメモしてきます。その練習もしておきましょう。

過去問の入手方法

IPAのウェブサイトから平成16年〜平成29年春季試験までの過去問が入手できます。PDF形式となっています。(2017年8月時点)
 
 
解答例も合わせて入手できます。しかし、あくまでも”参考”なので詳しい解説がついていません。解説は別に見つけるしかありません。購入した参考書にも解説があると思います。また、情報処理試験サイトにも詳細な解説が出ています。しかし、管理人お奨めの参考書では、詳しい解答例や解答用紙のサンプルも入手できる特典がついています。そうです。あの有名な”みよちゃん本”として知られる「情報処理教科書 プロジェクトマネージャ(翔泳社)」です。

まとめ

過去問を解くことは非常に重要です。あちこちのウェブサイトでも繰り返し語られていることですが、管理人もあえて取り上げます。しかし、過去問を漫然と解いていても合格レベルに達するには難しいと考えます。活用の仕方で差は歴然となると感じました。
 
情報処理技術者試験は、問題用紙も解答用紙も紙を使用しています。特に電子書籍版の参考書を購入された方は、紙に触れる機会が少ないと思います。管理人も持ち運びの観点から、電子書籍版を購入しました。
 
印刷物に慣れておくということと、手書きをするということは、本番の時に大きなアドバンテージになることは間違いありません。そのためにも、用紙を印刷して使用することの必要性を、管理人は書いてみました。
 
みなさんも、だまされたと思って一度トライしてみてください。しばらく続ければ効果が出てくることは間違いないと思います。