IPAプロジェクトマネージャ試験対策:教材選択の方針

2017年12月16日

今回は、情報処理技術者プロジェクトマネージャ試験対策に関して、試験に向けての”教材選択の方針”について書いていきます。ここからは”独学方式”を選択した向けに書いていきます。”通学・通信教育方式”を選ばれた方は参考程度に流してください。
 
独学方式を選択した場合、”試験という難攻不落の城”を攻めるための武器を選ぶという、重要な決め事です。よく吟味・比較して決定してください。比較することに時間を惜しまないでください。アラフィフ平社員にとっても一発合格できるか? その選択は極めて重要なところです。
 

情報を得る

まず、試験がどのようなものか情報を得ましょう。敵を知らないと対策の打ちようがありません。それには次の方法があります。
通学・通信教育方式を選択された方は、選択した学校・会社のウェブサイトや教材を参照してください。事細かに説明されていると思います。
 
独学方式を選択された方は、自分で情報を集めなければなりません。順番が逆になりましたが、試験参考書の情報は体系的に説明しているので参考になります。ウェブサイトは更新がマメなサイトを選ぶと良いと思います。いずれにしても、IPA(情報処理推進機構)のウェブサイトは常時参照するようにしてください。

武器を決める(使用する教材を選ぶ)

ここからは独学方式を選択された方を対象としていきます。選択するにあたり、まずは己を知る必要があります。初学者なのか、経験者なのか、自分のレベルはどの程度なのかで、選択する参考書も変わってきます。また、参考書は午前試験用と午後試験用に分かれています。試験という難攻不落の城を落とすための武器です。慎重にかつ大胆に選びましょう。 

初学者の方

午前試験対策用と、午後試験対策用の両方を購入します。管理人は初学者だったので両方購入しました。正直いうと、基本情報技術者試験から始めました。

経験者の方

  • 午前試験に自信がある場合は、午後試験用だけでよいですが、足元をすくわれる可能性もあるので、購入して対策しておいた方がよいでしょう。
  • 午前試験が不安な場合は、当然ですが両方購入すべきです。

午前Ⅰ試験が免除されている方は、午後Ⅱ試験対策のみで構いません。経験者でもブランクがある方は、午前Ⅰ試験対策のため最新版を購入された方が良いでしょう。試験内容や傾向が変化している可能性があるためです。この記事を書いている時期(2017年9月時点)では、試験制度に大きな変更があるというアナウンスはされていないので、昨年度(2017年度)の出題傾向と変わらないでしょう。

必ず手にとって

参考書は手にとって選んでください。表紙だけで選ぶと痛い目にあいます。人によって見るべきところは異なるためです。例えば、本文はカラー印刷が好みだったり、モノクロが良かったり、図表が多い少ないなど、観点は千差万別です。また持ち運びして勉強しようとしている方は、本の大きさ・重さも重要になるのですが、残念ながら、軽めの参考書はほとんどありませんでした。
 
電子書籍版を選択しようと考えている方は、必ずサンプルをダウンロードして、端末での表示内容をよく吟味してから購入してください。電子書籍版は端末の依存度が非常に高くなります。できればタブレット(8インチ以上)が望ましいでしょう。管理人もスマホ(iPhone7)で確認したのですが、表示された内容が小さくて、実用に耐えられないと感じました。
 
次に、参考書の目次も確認してください。どのように構成されているのかをみておきましょう。電子書籍版のサンプルは最初の十数ページしか参照できませんので、目次で本文を想像します。
 
他にもあるとは思いますが、結局は自分のフィーリングで決めてしまうことになるかもしれません。それでも一度は手に取って(電子書籍版はサンプルをダウンロードして)から選んでください。必ず手にとって確認ください。勉強を開始してから参考書をチェンジするのはリスクが高くなります。それまでに費やした貴重な時間とお金は帰ってきませんので。

実績があるものを選ぶ

とは言っても、良いものは売れています。個人の好みなどもあるので一概には言えませんが、売れているものは万人受けする出来の良いものである可能性が高いでしょう。次の観点で選んでみてください。
  • Amazonなどでランキングを比較する
  • 参考書の表紙などに、販売実績など記載されているのでそれを参考にする
  • 管理人のお奨めを参考する(別記事で書きます)
十分に時間をかけて、納得した上で選んだ後は、ほかの参考書に目移りしないよう注意してください。
  • あれもこれも手をつけ始めるときりがありません。
  • 参考書を買ったことで勉強していると勘違いしてしまう症候群にならないようにしましょう。

午前試験に関しては、スマホのアプリやウェブサイトを使う手もあり

スマホアプリやウェブサイトには、情報処理試験対策用のものが多数あります。メリットは次の通りでしょう。管理人も使っていました。

  • スキマ時間が有効に使える。
  • スマホを使うので持ち運びに苦労しない。
  • 解答の正誤を保存しくれるので、苦手をつぶすのが楽で早い。

メリットが多いのですが、ものによって個性が大きく違うため、以下の点に注意して選択してください。

  • 有料版と無料版で機能が違っている。
  • 無料版のアプリだと広告が出てうっとしい。
  • 解答・解説が詳細なアプリもあるが、逆に正解しか記載されていない”そっけない”アプリもある。
  • ウェブサイトはPCにして最適化されてして、スマホで見るのがつらいことがある。

アプリ・ウェブサイトによる勉強は、午前対策に絞られます。特に、午前Ⅰ試験用のアプリは、解答や説明が詳細なアプリがありましたが、午前Ⅱ対策用はほとんどが、正解のみのアプリとなっていました。

また、午後試験に対応したアプリ・ウェブサイトにはお目にかかれませんでした。管理人の検索能力が低いのかわかりませんが、午後試験は書籍で学習しましょう。そもそも午後試験はアプリには向いていませんけどね。

まとめ

教材を選ぶということはとても重要ことです。試験という目的地まで航海することに例えるならば、船を選ぶようなのもです。目的地までの距離にあったものでなければなりません。また、船の乗り心地も自分にあっているか重要です。長い航海で自分に合わないならば、途中で挫折してしまうかもしれません。
 
今回は”方針”ということで、気をつける点について書いてきました。次回以降では、管理人が選択した具体的な内容について書いていきます。